毛衣一族の日記 犬とキャンカー等様々に


犬、アウトドア、旅行、キャンピングカー TOM200・・・
日々をきままに綴っていきます

主婦目線のキャンカー事情⑳ 初乗り前準備

結局、昨夜は10時半までK1の作業は続き、
工程は8割のところで断念したK1。
今朝は、朝5時40分起床後、顔も洗わずキャンカーをいじり始めるK1。
乗ることと同様に、いじるのも好きだねと感心してしまいます。

アップしといてね~と頼まれた写真・・・何が何やらさっぱり・・・
ダッシュボードのパネルは両サイドを外したら
ぱちぱちと簡単に外れます。

ナビと何がつくんだっけ??
とりあえず、そんな感じのフロントのあなぼこ

サイドブレーキは手ブレーキで、シフトレバーの下です。
ちょっと戸惑います。
昨夜はエンジンを切った後、イモビライザーのランプが点滅しつづけ
何か問題があるのでは?と二人でいきなり取説を確認です。
エンジンを切ると点滅するのが正解だったようで、一安心・・・。


人気のないうちに昨日できなかった写真撮影です。

クルッパー号とトム・クルーズ号。
本来は位置を逆にしたいところですが、場所の交換はバックカメラがついてから。
セキソーのSさんの見立てでは、クルッパーの位置に入れるのはギリ大丈夫とのこと。

まだぴかぴかです。

我が家の点検官は、すでに車周りを点検中。
用もなくうろうろしてます。
呼ばれもしないのにさっさと勝手に車内に上がりこんだクルーばぁちゃん。


すでに自分の定位置を決めたようです。
三列目はクルー用としていたので、いいんですけど・・・・
シートカバーしてからにしてほしいなぁ~
早く何かかけなきゃ。

明るい車内!
ちなみに車外はどんよりとした霧雨日よりで暗いです。
これがセキソーさんの魅力でしたが、嬉しいですね。
車内も予想通りにさわやかに色合い、春のイメージに仕上がってます。
ちゃんとカメラ目線になるクルーばあちゃん。

二段ベッドの窓が明るいですね。
運転中、下の窓からは後ろを確認できます。
クルーばあちゃんは寝心地を確認中。

「いい感じだよ~」っていっているのかな?
顔が心なしかうれしそうに見えます。

バンクベッドはこんな感じ・・・。
中にあるのは、二列・三列シートでベッドを展開する際の補助シート。
4人+一匹で出かける時は、廊下を塞がずにベッド展開したいので
家に置いていく予定。
鳥取のK3が旅行に加わり就寝が5人+一匹の時だけ、載せていきます。


しかし、なぜこの犬はカメラで何を撮っているのかわかるのだろう???
ちゃんとポージングするから怖いわ~。


ここで大問題が発覚・・・。
せっかくちょん切った元・脚立のハシゴ、使えないことが判明!!
バンクベットを収納したままでの使用はばっちりだったのですが、
バンクを引き出してしまうと、登り口はキッチンの前になります。

すると、梯子の幅が広すぎて使えない!!!
バンクは背の低い私とK4の指定席なのに・・・困った!!
とりあえずの対策として、次回の夏旅は、バンク定員1名。
スライド式のバンクを完全に引き出さずに使用することにしました。
K5とK4は常設二段ベッドにし、K1は二列目・三列目シートのベッドで寝ます。


8時にいったん工作を中断し、午前中はK5の部活の大会の応援です。
昼過ぎに帰宅、午後にはナビ、ETC、バックモニターに加え、バッテリーの残量モニターも取り付け完了。
夕方には、増設バッテリーの取り付けを完了し、これで試運転が可能です。
早速、近所のカー用品専門店でETCのセットアップ。
帰り道には給油。
私も帰り道を運転させてもらいました。


いや~一口にキャンカーとは言っても、カムロードとは全然違います。
以前、ワンボックスもMPVも運転していましたが、その感覚で運転可。
車幅の感覚に慣れれば、バックしない限りは普通車の感覚です。
慣れ過ぎて「高さ」に注意しないと・・・。
納車日に屋根を電車の高架にぶつけたなんて話も聞きましたから・・・。


初運転はいろいろ走りの違いを痛感しました。
それは後日ゆっくりとまた。


最寄駅で部活帰りのK5を拾い、バイト終わりのK4と合流。
夕食は近所にある回転寿司で、K5の敢闘祝いです。
狭めの駐車場にもキチンとはいるトム・クルー号です。


鳥取遠征中のK3、せっかくトム・クルーズ号の写真を送ったのに
音沙汰なし・・・・。
まあ、大学生なんてこんなものかしらね~


特にお盆に帰省する田舎もない毛衣一家なので、明日も車いじりです。
K2でした。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。