毛衣一族の日記 犬とキャンカー等様々に


犬、アウトドア、旅行、キャンピングカー TOM200・・・
日々をきままに綴っていきます

ひとりで出来るもん その1(快適化)2018.1.21


キャンカーの久々の快適化です。


今回の快適化は、思いだしたくもないこの事件がきっかけです。

左後ろをガリっていってしまい・・・
どーしたものか・・・(まだ直してません)
我が家の車庫は、左右ギリギリの幅でしかも車庫の面した道路の幅も狭いので
まっすぐバックしては入れません。
助手席側がこんな感じ。

運転席側もこんな感じ

とまぁ、ギリギリなんですね。
前の道が広ければ、まっすぐバックすればいいのですが、
トム・クルーズ号の車幅分しかなく曲がりながらの車庫入れになります。
車庫入れの際は、もう一人に見てもらって出し入れしていました。
もしくは、降りて見ての繰り返しで結構面倒なんです。
そこで、これ以上傷を増やさないために左後ろを確認できる
カメラを設置してみました。


「サイドカメラもどき」です。
なぜならサイドを全部映していないので・・・


それでは、はじめます。
まずはカメラの配線、左上から下を見るカメラを設置します。
上からのケーブルをどうやって運転席まで引き込むか、


1.穴をあけてバックカメラのように引き込む
2.屋根のソーラーの配線の引き込みの穴を利用する。
3.遠回りになるが、車の下から運転席まで引き込む。


1はトムの横にえいっと穴をあけるのですが、
その後室内の引きまわしが困難なため却下。
(穴をあけるのにも抵抗がありましたので・・雨漏りなど)
2は穴は開けなくてもいいのですが、室内配線が困難なためこちらも却下。
というわけで、3の方法でやっていきたいと思います。
上からのケーブルをセキソーさんに特別に取り付けてもらった
後部のパイプの中を通して下まで引っ張っていきます。

ここから、車の下からケーブルを運転席まで引っ張ります。
ぐるっと回してもいいのですが邪魔になるので、こうしてみました。

なんとバンパーに穴が!!
さっき穴をあけるのに抵抗がって言っていたのに・・・
雨漏りがって・・・
実は、ここの裏は何もなく雨漏りの影響がないところなんです。
でも、思い切ったことをしたと・・・もう後戻りはできません。


トムの下側です。
ここから、運転席に向けて配線していきます。
可動部分に影響のないところを通していきます。


次回につづく!


久々のk1でした。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。