毛衣一族の日記 犬とキャンカー等様々に


犬、アウトドア、旅行、キャンピングカー TOM200・・・
日々をきままに綴っていきます

初旅 バッテリー&ソーラーのクダリ

今回はバッテリーの話。
長いですし、写真はないので、バッテリーに興味のある方はお付き合いください。


前車のミラージュは、常に電力不足にとの戦いでした。
購入直後は、90Lの冷蔵庫とテレビだけで24時間は持ちません。
電子レンジもエアコンもなし、テレビと冷蔵庫と車内灯使用の状況です。


このミラージュには中古での購入時に、
新品の100W弱のソーラーパネル1枚、
車のバッテリー以外に新品のセミサイクルバッテリー100Aを2個の状態。
室内灯は購入後に全てLEDに交換しています。
それでも一晩がやっと・・・・


その後、趣味で電気工事士資格をとってしまったK1がいろいろ試し、
バッテリーもさらに新品に交換したりしたけどダメ。
「冷蔵庫って、こんなに電気喰いなの???」
となりましたが、よその車のブログを探しても、そんなひどくないし・・・


いじり倒したうえで、K1が走行充電システムが怪しいと
走行充電システムをオフにしたところ、
一日半程度、持つようになりました。
・・・・バッテリーってこんなに持たないのかなぁ~??
原因はわからず、この状態で売却まで電源確保を第一条件での
キャンカー使用をしていました。


我が家の素人判断ではきっと走行充電システムが
ソーラーからの充電と走行充電を上手くさばいていなかったのでは
という結果に落ち付きました。
このミラージュは我が家の前にオーナーさんが二人いて
そのオーナーさんが後付けでマックスファンをエアコンに取り替え
ソーラーパネルも後付けしています。
前オーナーさんも走行充電を交換した形跡が残っていたので
充電システムに問題を抱えていた車だったのかもしれません。


今回、トム・クルーズ号では、
セミサイクルバッテリー100Aを2個、
155Wのソーラーパネルを1枚積載しています。
65Lの冷蔵庫、電子レンジはなし、車内ではテレビと携帯の充電、
スピーカーへの電力供給程度の電力使用です。
冷蔵庫がちいさくなりましたが、その他は、ほぼ同じ条件です。


初日、満充電で夜間に出発し、伊東で車中泊。
車中泊ではマックスファンの風力は「中」くらいで使用、
車内はLEDの常夜灯をつけっぱなし、
冷蔵庫は目盛7段階のうち4で使用しました。
翌朝、日の出時にバッテリー残量93%
(以下、パーセンテージはバッテリーモニターのBM-1表示値です)


曇天で日差しのない日でしたが、
冷蔵庫とファンを同じ状態のまま使用した状態で駐車していました。
日が落ちる頃には、ソーラーからの充電で
バッテリーは103%と満充電状態に回復していました。


その後、滞在中は宿に宿泊したので
本来は冷蔵庫もファンもオフで良いのですが、
試しに連日、24時間マックスファン&冷蔵庫を目盛4で使用してみました。


朝、浜へ出陣時にはバッテリー残量が85~90%に落ちているものの
日中のソーラー発電で夕方には満充電の状態に回復していました。
もちろんバッテリーが新しいからだとは思います。
しかし、前車のミラージュから考えると、
信じられないくらい電力が確保されます。


これに近い状態が長く続くのであれば、
夏の要エアコン状態でなければ、長旅の電力不足からかなり解放されます。
前の車は二泊以上は、充電先の確保が最優先でしたので・・・・。


これで、秋のK3鳥取襲撃ツアー、お伊勢参りへの最大の不安が解消です。


使用と経年劣化でのバッテリー性能の変化は、
今後、使用しながら報告させていただきます。
とりあえず、バッテリー&ソーラーの感動をご報告です。


K2でした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。