毛衣一族の日記 犬とキャンカー等様々に


犬、アウトドア、旅行、キャンピングカー TOM200・・・
日々をきままに綴っていきます

毛衣ん家の新入生募集しようかな~?

鳥取トンボ帰り遠征に作戦会議中の毛衣ん家です
今回は写真はありません


想定外ですが、K3が年末に帰省
当分の間は自宅にいる予定になりました


毎日、毎日、K3が自宅にいる
・・・毎日、家に人がいる
もしかして・・・我が家、ワンコのお迎え可能?


K3が毎日いるうちに、ワンコは自宅に慣れるだろうし
1年後には、K5も高校卒業
K1やワタシがワンコにかける時間も増やせる


なんといってもこれから自宅にいる
K3の留守番仲間になってくれる!


でも、なかなか難しいんです・・・これが


クルーを迎える際に「保護犬」も考えました
保護犬のサイトを探して、お見合いに行こうかと考えてました


でも、その時は初めてお迎えする犬だったので
  ・どのくらい大きくなるのか?
  ・どんな気質の犬か?
が難しい保護犬は初心者には難しいと思い
保護犬は断念し、サイズと気質がある程度予測できる
血統を選ぶことができるペットショップからお迎えしました


選んだバーニーズという犬は
落ち着いていて、あまり吠えたてることのない
大きくて穏やか、構ってちゃん気質は我が家の希望どおり


お迎えしたクルーは幼犬は啼きまくり
若犬の頃こそ「悪魔」の所業でしたが(笑)
我が家の希望通りの犬として我が家の6番目の家族に収まりました


つぎにお迎えするのであれば
今度こそ、リ・スタートを切るワンコ達からお迎えしたい
まして、幼犬は避けたいからリ・スタートの犬は我が家の希望通り
2才前後のある程度、落ち着いてきた犬をお迎えしたい
(K3に幼犬の手間までお願いできないし・・・)
私は女の子の中型~大型犬であればミックスでも気立て重視!
バニのように吠えまくらない子
噛まない穏やかな子
う~ん、ハードル高いかなぁ・・・


K1に至ってはバニしか考えていませんし
さらにハードルは上がります


さらにハードルがあがるのは
「保護団体」とのお付き合い
HPやブログで確認したみると、なかなか踏み出せない
我が家にとって保護団体はかなり勇気がいります


すべての団体がそうではないのはわかるのですが
「譲渡後、飼育条件を確認に伺います」とか
「留守番がちでない」
「餌は・・・散歩は・・・年齢は・・・」
たくさんの条件を出している団体が少なくありません
犬を外飼で番犬として迎えるつもりもないですし
最初の飼い主との縁がなくてリ・スタートを切る犬達が
再び飼い主さんとの縁がないようではとの心配からなのはわかります


自分が保護団体からお迎えするのを考えていない時は
「このくらいの条件、仕方ないなぁ」と思ってましたが
いざ、自分がお迎えしようとすると・・・・
「保護犬」からお迎えするのは難しいかも
と感じてしまっています


クルーのかかりつけ医だった病院の大先生から
「クルーちゃんはもう年だから、もう一匹迎えませんか?」
と声を何度から勧められました
我が家が
「バニじゃないと嫌だし、バニは短命だから若犬じゃないとなぁ~」
と渋ると
「バニの若犬だってよくいますから、考えてみませんか?」
と勧めてくれましたから大先生に相談してみようかな・・・


揺れ動く毛衣ん家です

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。