毛衣一族の日記 犬とキャンカー等様々に


犬、アウトドア、旅行、キャンピングカー TOM200・・・
日々をきままに綴っていきます

二人でできるもん! シンク下編② 2018.5.26

ここで、セキソーボディさんの軽量車体ならではの問題が・・・
あちこちの壁面か薄く、やたらとビス止めできないのです

例えば、これはシンク下の収納スペース内側から、
外(キャンカーの車内)に向けて撮影した画像ですが
この画面では

赤い梁の部分と、黄色い壁面、天井にしかビスは打てません
逆側にしても・・・・

配線部分をよけると・・・・

各種スイッチの裏側とシンクの配管を避けて
黄色の部分にビスを打たなくてはなりません
これで、意見の相違となり、長時間の議論となりました
(技術も知識もないので・・・時間をかけて考えるしかありません・・・)
しかも・・・

写真はシンクを下から見上げた写真ですが
こちらも自由にビスは打てません
しかも、天井も高さが場所によって違うので、
柱になる材料は一本づつ高さが異なることになりました
(途中で計測し誤ってしまい、DIYセンターの駐車場で
手ノコで調整する羽目に)


最初に

棚ができると一番奥になってしまうシンクの配管から
水がうまく流れるように配管を止めなおし
次に壁に柱を打ち付けることができない
右手前の柱を取り付けます
この状態では柱は根元を床にビス止めしてあるだけです


上の写真でわかりますが、一番下の横張も床に固定して
柱と合体、足元を固定します


次に同じ並びの奥川の柱を作ります
奥の壁は少しビスは効きますが、1㎝深ぐらいで突き抜けるので
接着剤で奥の壁面に柱を固定し、
さらに柱の厚みブラス1センチ弱のビスで固定します


右面の横梁は3本入れましたが
奥は壁面に接着とビス止めした柱で固定
手前は収納庫入り口面の壁面の裏側にL字金具で固定しました


右側の壁は壁面のヘリから3センチくらいしかビスが打てないので
壁面に接着剤で材料を接着、壁面のヘリにだけビスを打ち込み固定


4本の縦柱と6本の横梁が入ったので
外枠ができました~
ここですでにあたりは夕闇・・・
もう時間もわからなくなった毛衣夫婦です


大型DIYセンターの駐車場の片隅で
ごちゃごちゃ相談しながら、延々と工作しつづける夫婦が面白いのか?
はたまたキャンカーが珍しいのか?
買い物に来たお客さんが次々と車内を興味深げにのぞき込んでいきます


・・・・かなり恥ずかしい・・・・・


ここまでもかなりの苦戦ですが、
本当の苦戦はこれからだった


まだ続きます
K2でした

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。