毛衣一族の日記 犬とキャンカー等様々に


犬、アウトドア、旅行、キャンピングカー TOM200・・・
日々をきままに綴っていきます

GW前半 クルーにどっぷり 伊豆旅行③

妻良を出発し、マーガレットラインを雲見に向けて走ります


途中、子供が小学生だった頃
キャンピングカーが我が家に登場する前によく言った
オートキャンプ花沢さんへ立ち寄りました


何度か利用しましたが
最後に利用したのはクルーが来た最初の夏でした
オーナーさんに挨拶してキャンプ場の中を見せていただきました


廃バスを利用したバス・バンガロー
K3とK5は運転席に座ってバスごっこ
クルーと散歩したキャンプ場の通路をK4は懐かしそうに歩きます
「ここで、くっちゃんが仔鳥を捕まえてしまってね!」
みんな楽しい思い出にどっぷり


オーナーさんのご厚意でバンガロー内を見せていただきました

なつかしい~
お布団がついて、結構広いお部屋です
真夏でも夜間は窓を開けて寝れないくらいヒンヤリするので
扇風機で十分でした
奥にはお布団もついています
手前の板の間はクルーの居場所でした


こちらのバス・バンガローは屋根つきの6畳ほどのウッドデッキ
テーブルとイスがついていたので犬と5人家族で
荷物満載の我が家には荷物が少なくなるのでとても助かりました
今年の夏はこちらを利用させていただこうかな~


オートキャンプ花沢の明るいオーナーさんに別れを告げ
雲見の浜を目指します
こちらはクルーが海デビューを飾った浜です

写真右手には足湯があり、海で冷えた体を温めることができます
子供はたいがい全身つかっていて足湯にはなってませんが・・・
子供達はこちらの浜での事はよく覚えていないとのこと
大人は思い出にどっぷりつかります


次に石部の浜・・・・といきたいのですが
到着してみると、ゴールデンウィーク中は駐車場が有料
しかも夕方で閉鎖間際ということで漁協の方が渋い顔
仕方なく車を降りるのはあきらめて車内から写真を撮ります

浜の上の通りから・・・・

漁港の左手が海水浴場です
赤い屋根の建物と手前の崖の間に広めの温泉があり、水着で入ります
伊豆の海は冷たいので、この温泉がとてもありがたいです
赤い屋根の建物のすぐ左に更衣室も設営されますし
温泉のわきには真水を浴びれる水道もあります
食事する店も何件かあり、ここらでは施設が整っている浜です
ここの温泉が目当てで、こちらもよく立ち寄りました


石部を出ると思い出の地はあまりないので、一気に土肥へ


ここで事件が発生~
トム・クルーズ号に乗り換え、
初めて対向車からキャンカー挨拶をしていただきました!!
バンコンに似たフロントのトム・クルーズ号になってから
地方で挨拶を返していただけない悲しい状態だったので嬉しい限りです


さらに驚きが!!
石部から堂ヶ島の道筋で、Tom200に遭遇しました
しかも、同色です!!!
セキソーさんの車に出会うことがレアだのに
同車種、同色の車との出会いはとても嬉しい事件でした!


しかも、しかも、運転していたのは30~40歳くらいのママさん
助手席にはお子さんが座っていました!


「女性に優しいTom200」
とハイエース・ファンの取材にキャッチフレーズを売り込みましたが
本当に本当に、女性が気軽に運転できるサイズなんですよね~
キャンカーを運転している感なしで取り廻せます!


残念ながら石部から堂ヶ島のグネグネ道では
運転していたお母さんには挨拶を交わす余裕はなかったようですが
嬉しい出会いでした

興奮も落ち着いたところで・・・
土肥の手前の国道沿いのところてん屋さんでところてんを堪能
1皿300円、購入して自宅で食べるのと
まったく味が違うように感じるのは気のせいでしょうか?
みんなで1皿づつ、美味しくいただきました
こちらのお店、ここ数年は海旅行の帰り道の定番です


土肥に入ると昨日の失敗から学び、とりあえずお風呂へ
土肥漁港に面した「弁天の湯」でお風呂です
小さな温泉ですがいいお湯、ドライヤーも貸していただきました
駐車場が漁港の中、しかも入り口に立ち入り禁止とあるので
とてもわかりづらい駐車場
駐車場の入り口、漁港の入り口なのですが
何回も通り過ぎて探してしまいました(笑)


お風呂の後は昨日の失敗から早めの夕食!と思いましたが
やっぱり食べたいレストランがない・・・
気軽な「〇〇食堂」なんかでアジフライ定食とか食べたいのですが
なかなか高級なお店とか雰囲気ある店ばかりで敷居が高い
結局、夕食を求めて沼津市街まで戻ってきてしまいました


最終日は朝6時から沼津港でさびき釣り
手のひらより若干小さいサイズの小サバの朝釣りを楽しみ
日が高くなって喰いが悪くなるのを合図に沼津を出発
帰路につきました。


今回はクルーとの思い出にひたる旅ではありましたが
伊豆にはそこ、ここにクルーの思い出がたっぷりあり
四十九日を前にひとつけじめをつける旅になりました


でも・・・・
「水着を持ってくればよかった~」
「泳ぎたい~」
と何度つぶやいたことでしょう
恐るべき伊豆・・・・
次は水着を持っていこうと心に誓った毛衣一家でした


今回の旅行はこれでおしまい!
K2でした


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。