毛衣一族の日記 犬とキャンカー等様々に


犬、アウトドア、旅行、キャンピングカー TOM200・・・
日々をきままに綴っていきます

クルーばあちゃん、ぎっくり腰??  2017.11.6

クルーばあちゃんは、歳のせいか
最近よく足を引きずります。
朝に起き上がった時、しばらく寝そべっていて動く時
足を引きずるものの、すぐに治ります。
寝ていた体の下になって、痺れたか、
長く同じ体勢だとアチコチ痛くするみたいです。


そういう私もほぼ一緒、関節が油ぎれだね~。


この一カ月ほどは、特に状態が悪化してしまいました。
帰宅すると後ろ足を引きずっていたり、
立ち上がる時に足元がよろけたりしています。
車の昇り降りで後ろ脚がよろけて尻もちをつくと、
そのまま動けなくなってしまうこともでてきました。


三浦の朝市の帰り、立ち寄った海辺でのこと。
海が大好きなクルーばあちゃんは、嬉しそうに磯歩き。
海犬は年老いても海犬です。


潮風を満喫し、来た道を戻ろうとした時でした。
ちょっとした岩に飛び移ろうとして腰がくだけた状態に・・・・
そのまま海中に尻もちをついたまま、動けなくなってしまいました。


私もクルーもびしょびしょになりながら、
どうにか腰をかかえ上げ、海から上がり、
足を引きずるクルーを励ましながら、どうにか車に戻りましたが
クルーは足元はフラフラで車に乗り込むこともできません。
腰を抱えてようやく乗車させて帰宅しました。
帰宅しても足なのか腰なのかが痛いらしく、
寝そべったまま全く動こうとしません。


トイレや食事は仕方なく立ち上がるのですが
「キューン」と悲鳴をあげながら腰を上げるので
どうしたものかと心配です。
部分麻酔なしで耳血腫の水を抜く切開をしても、
黙って身動きもせず耐えた我慢強い犬なので、
よほど痛いのでしょう。
夜中も身動きするごとに悲鳴を上げていました。


翌朝はようやくヨタヨタとですが歩けるようになり
夕方に帰宅すると、ソファーにヒョイと登れるほどに回復。
でも、やっぱり足元はおぼつかない様子。
このまま、どんどん歩けなくなってしまうのかなぁと不安です。


それでも本日もお散歩には行きたい!

「お母しゃん、パソコンは終わりにして、お散歩行きましょうよ~」
「うぐぅぅぅ~、ふお~ん」と文句を申しております。

「エアー・お手もしちゃいますからっ!」

「もう一発、おかわりだってしちゃうよっっ!」

「ねぇ~」

「ねぇってばぁ~っっ!」


この眼差しに負けてK1が近所だけと散歩に行きます。
週末には病院を受診してみようかな・・・・


K2でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。