毛衣一族の日記 犬とキャンカー等様々に


犬、アウトドア、旅行、キャンピングカー TOM200・・・
日々をきままに綴っていきます

鳥取襲撃旅行 2017.9.30 ②

午後4時、K3のアパートを追い出され、日の入り前にと砂丘へGO!

すでに観光客もまばらです。
「無料」と看板の出ている「フレンド」というドライブイン兼土産物店に駐車

お仕事あがりでおうちに帰る「ラクダ」さん達の行進に遭遇!
もう、テンション↑↑のクルーばあちゃん!
鼻を鳴らしながらガン見しています。


ラクダさんはいませんが、砂丘に向かいます。

日が傾いているので、砂は冷たくクルーも大丈夫。

ザ・砂丘という風景です。

左端の砂丘に登ってみようとなりました。
・・・・が近づいてみると結構な傾斜。

基準になるもののない砂原では遠近感もあてになりません。

砂丘の頂上ですっかりくたびれてしまったクルー。
この後、あおむけで砂の上をウネウネして叱られました。

女の人が立っているのは高い砂山の際で、降りることができない傾斜が続きます。
崖っぷちで撮影している感じです。
砂原は遠近感や高さが写真にはよく出ません。

K5は急な斜面を駆け上がって満足そう・・・若いな~

砂丘に日が沈んでいきます。
日本の風景ではありませんね・・・・


砂丘の下り坂は、クルーばあちゃんの後ろ脚はフラフラ。
途中で何度か座り込んで動かなくなってしまいました。
少しづつ休み休みに車に戻ります。
すっかり足腰が弱くなっているのを実感します。

お約束の甘味タイム!
結構足腰に来た砂浜歩きの後は、「二十世紀梨」ソフトクリーム!
これがサッパリしていてとてもおいしかったです。
K5はバニラとのミックス、K1と私はお腹が弱いので梨味をシェア。


ここでクルーに異変が・・・・。
気分が悪そうにして、大量のよだれ。
タチタチと締りの悪い水道に蛇口のようにヨダレが止まりません。
家でも以前にはよくありましたが、このところ大丈夫でした。
そういえば、下田旅行でも同じ状態になったね・・・・。
これが始まると、気持ちが悪いのか、とたんに元気がなくなります。
困ったな~。


しばらくするとヨダレはかなり収まりましたが、
クルーは気持ちが悪いのか、大好きな牛乳をかけてもフードを食べたくない様子。
説得して食べていただきました。


ここから、人間のお風呂と夕食です。
お風呂は私が1年半前にK3のアパートの引っ越しに来た際、
良かったお風呂「元湯」さんに行くことに。

鳥取駅前は温泉地でもあるので、駅前の銭湯で十分に温泉を楽しめます。

敷地内に10台ちょっとの駐車場がありますが、スペースは普通車用。
入り組んだ駐車場なので大きなキャブコンは難しいかも。


料金は400円、湯船は5~6人以上は窮屈な感じで、
ボディソープしかありませんし、洗い場のシャワーはちょろちょろ。
ドライヤーはありますが、3分10円です。


駐車場で多摩ナンバーでキャンカーが珍しいのか、
出会った老夫婦が話しかけてきました。
「遠いとこ、よく来たね~
ここのお湯はこの辺でははサイコーだよ、良いチョイスだね!」
とのこと、ほんとになめらかな良いお湯でした。


ゆっくり温まったら、鳥取B級グルメの「ホルそば」を食べにGО!


元湯から800メートルほど離れた飲み屋街の中の鉄板焼き屋さんへ。
「御縁」というお店、外観は撮影し忘れました・・・

ホルそばを注文、ニンニクの効いたこってりとした濃厚な味。
食べる前に撮影ができない毛衣一家で、一口食べてから慌てて撮影。
ビールによく合いそう・・・・・


店内はカウンター席が数名、座敷のテーブル席が4人×2と
少人数しか収容できません。
最初は我が家だけだったのですが、続々とお客様が入り、すぐに一杯に。

通路から中を眺めて断念した家族連れも見かけました。


席に着いたみなさんは、お酒を飲みながら飲み食いします。
我が家は食事だけなので、早々に退散・・・・でも美味しかったです。


昼に下見したコカコーラウェストパークは次回の襲撃に寄ることにして、
次の目的地「姫路城」に向け、夜のうちに中国自動車道に戻ることにしました。
鳥取道に入る前に給油、44L(126円/5262円)して出発。


鳥取道はやっぱり車が少なく、みんなかっ飛ばしています。
道路に街頭がないので真っ暗・・・・しかも対面通行はちょっと怖いです。
佐用JCTで中国道に入り、安富PAを今夜の終点とします。


本日の高速道路走行距離232キロ。

さらに明日に続く~






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。